新着情報

2013年8月27日 冷水シャワーを浴びる

近年の猛暑では、ただジッとしているだけでも汗が流れてきます。 そんな夏の暑さの解消の1つとしてオススメなのが、冷水シャワーです。 掃除や洗濯など家事をしただけでも洋服はビッショリで着替える必要が出てきたりしますが、その際に軽くシャワーを浴びましょう。 汗が流れて汗臭さを防ぐことにも繋がります。 ポイントはいきなり冷たい水を浴びないことです。 いくら暑くても、いきなり冷たい水が体にかかると心臓に悪いです。 最初は普段のシャワーより低めの37度くらいのお湯からはじめ、体を慣らしながら徐々に温度を下げていきましょう。 気持ちいと思ったところで温度を維持し、無理に真水の温度にする必要はありません。 ぬるま湯であっても浴びた後は、体から熱が奪われて、水分が蒸発するに従って体が冷えてきます。 夏場の水不足が心配という時には、シャワーではなく翌日沸かし直そうと溜めておいたバスタブの水を洗面器にくんで、2~3杯を背中にかけるでもいいですし、市販の水の500mlペットボトル1本を背中からかけてみましょう。 ペットボトルは常温がオススメです。 冷たさに慣れている方は冷蔵庫でキンキンに冷やしたものを使うのもありですが、基本は常温の水が体に優しく、それだけでも体はしっかりリフレッシュできます。

【麻雀における戦略について】

皆さんはギャンブルをした事はありますか?
日本には競艇や競馬、合法のギャンブルが数多くあります。
競馬で勝ちに行きたいのであれば、
競馬情報などの情報サイトをチェックしましょう。
競馬情報では、プロフェッショナルの馬券師や予想家が、毎週続々と競馬情報を配信。
競馬で勝つためのデータ収集に役立ててみてはいかがでしょう。
また、もっと仲間内で楽しめるちょっとした賭け事として
麻雀をする人も多いのではないでしょうか。
日本の麻雀人口は約1000万人と言われています。
麻雀ブームのピーク時にはおよそ2000万人いたと言われているので、
その数字自体は減少傾向にありますが、
近年はいままでになかった視点からまた注目を浴びるようになってきています。

もともと麻雀に対する世間のイメージはあまり良いものではなく、
その存在自体を嫌う人もいたようです。
ですが、2000年代初頭あたりからそのイメージにも変化が出てきているようです。
それは、インターネットの普及によるオンラインでの対戦が可能になったり、
明るくさわやかな雰囲気を心掛けた雀荘のチェーン店が増えたり、
よりクリーンなイメージへと変化してきているからです。
また、老人のボケ予防にも良い、と麻雀をやる方たちも増えてきているようです。
それくらい麻雀は頭を使うし、非常に奥が深いゲームであると言えます。

麻雀は4人でやるゲームなので、メンツ(対戦者)によって展開が大きく変わります。
その場その場の状況によって常に戦略を考える判断力・決断力・柔軟性が
プレイヤーには求められるのです。
そして、「運」の要素も非常に大きいです。
将棋や囲碁のように、打ち手の技術が絶対的に結果に反映されるとは限らないのも
特徴です。(もちろん、長期的に見たら打ち手の技術の差はでてきます)
その運の要素に振り回されない精神力が一番大事かもしれません。
技術や知識には限界があるし、ある程度まで打てるようになると
差が出にくくなってきます。
しかしメンタルの要素は底がない上に、人によって差が大きく表れるものです。
正直言ってメンタルについては語りようがありません。
展開が悪くなってもヤケを起こさず、たんたんと打ちましょう、
と言われてそれが常に出来れば誰も苦労しないのです。

ですが、技術や知識、戦略に関しては自分で組み上げていく際に
周りからの情報(戦略本など)を参考に出来る要素はたくさんあります。
ここでは、近年の麻雀における戦略、過去の傾向との違いなどを交えつつ
具体的な場面を例に挙げながら紹介していきます。
ここで紹介するものはあくまで一つの戦略であり、
すべてが必ずしも正しいとは限らないかもしれません。
また、前提として、他家(相手)の状況はまったく考慮せず、
あくまで自分の手牌に関しての判断基準です。